HOME > 塾長ブログ.....思いつくまま そのままに。

塾長ブログ.....思いつくまま そのままに。

ケアレスミスをなくそう !

神奈川県公立高校の入学試験日がいよいよ来週に迫ってきました。
当教室の塾生たち、ここまでにやるべき事は全てやってきました、あとは2月14日の本番で持てる力をすべて発揮し結果を出すだけです。


大学入試.jpgみんな良く頑張りました。
そこで、せっかく身に着けた実力を遺憾なく発揮する為の最後のアドバイス・・・「ケアレスミス撲滅法」です。

解っていたのに✖になってしまう もったいない“ケアレスミス”
その原因はなんだろう ?

まず①つ目は、その言葉(careless)通り“ケア レス”注意力不足
②つ目は、見直しをしないミス
③つ目は、時間不足
④最後に、誤字脱字、読めない字。(x_x).jpgのサムネイル画像

この4つを犯す可能性があるという事をまず頭において試験に取り組む。
本来はこれを無くす練習を日々行っていく訳です。
塾ではあわてん坊やおっちょこちょいの為にトレーニングを重ねて来ました。

「でも、もう入試直前じゃない…。」
そう、今からトレーニングする時間は限られてしまうので。

そこで...

いまからでもできる

ケアレスミスをなくすテクニック

「無印チェック法」

まず、試験が始まったら落ち着いて問題全体を見渡し、自信のない問題、不安な問題に△印をつける。
そして、△のない問題から解いていく。
時間内に△までたどり着くと思うが、もし解いていない問題があっても残り時間が10分になったところで、いったん置いて見直しを始める。

難しい問題も時間いっぱいまで解きたいという気持ちも分かるが、時間を使ってもその問題本当に解ける…?
それよりも既に解答した問題の解に間違いを見つけて正す方が得点に繋がる可能性が高いんです。

その時にまず無印(△印をつけてない)問題から見直す。
“無印”の問題は元々自信のある、言わば自分にとっては簡単な問題。
「大丈夫だ」と安心している問題にこそケアレスミスが潜んでいるんです。

見直して
GOOD.jpgいくと「あっ!  ヤバっ!」 「よかったぁ(^o^)」っていう問題が必ず出てきます。
あるいは、急いで書いたがために「この字 読めないぃー」なんてのも出てくると思います。
これで何点助かることか…時には「ラッキー !」 の連続になる事も。

無印問題の直しをやり切って時間が余ったら△印を見直す。
それでも時間があったら残っている問題を解くのもOK。

全部の問題を解いて正答数を上げようとする気持ちはわかるけど、正答率、得点率をアップする冷静さと見極めを持って試験に臨むことも大切です。
是非試してください、皆さんの健闘を祈ります。

こちらも参考にしてください・・・「テストの解き方テクニック」





31年度 神奈川県公立高校 志願状況速報

神奈川県公立高校入試の願書提出は、昨日1月30日で締め切られました。
県教委より各高校の募集倍率が発表されています。


志願変更期間(2/4~6)が設定されていますので確定倍率ではありませんが、当塾近隣(旧川崎学区)の主要校を下記にまとめておきます。

県全体では1.19倍(昨年1.20倍)でした(全日制)。


  30年度
(昨年度)
31年度
(1/31現在)
多摩 1.69 1.81
生田 1.18 1.36
麻生 1.06 1.11
百合丘 1.01 0.90
市立高津 1.45 1.27
生田東 1.12 1.10
川崎北 1.18 1.24
1.18 0.87
麻生総合 1.11 0.94
     
新城 1.49 1.46
市立橘 1.17 1.59
住吉 1.25 1.54
川崎 1.15 1.25
市立川崎 1.08 1.08
受検②.jpgのサムネイル画像



参考資料 《神奈川県公立高校入試日程》






今年も咲きました(^-^)/

H30アロエ①.jpgのサムネイル画像

bud 今年もアロエの花が見事に咲いてくれました。


H30アロエ③.jpgのサムネイル画像

H30アロエ②.jpg参考リンク




 

ラストスパート !!

冬空②.jpg初冬の爽やかな青空のもと高校受験を控えた中3生にとって、残された約2ヶ月間のラストスパートです。

ここまで頑張って基礎固めをしてきた成果を、受験本番の点数獲得に繋げる受験態勢の総仕上げの時期です。

「受験態勢の仕上げの勉強法」は以前のブログに上げてありますので参考にしてください。

入試問題は中学3年間の学習内容からの出題です….そうです、過去に習った事が出るのです。
ここまでに3年間の基礎固めが出来ていれば簡単なんです。

そして、この広い範囲からどうやって入試当日の学力検査の点数に繋げていくか...。
今週から始まった冬期講習では、昨年の入試出題内容と近年の出題傾向から分析した問題を演習していきます。
ここからは学力検査の点数獲得対策、要はテクニック面の学習になります。

さあ志望校合格を目指し、ガンバっ!! punch pass






平成31年度神奈川県公立高校 募集定員発表

来春(平成31年度)の神奈川県公立高校募集定員が発表されました。
 

学校.jpg

神奈川県全体の中3生卒業生人数(予測数)の減少に伴ない、募集定員も全体で216人の減となっています。

すべて県立高校からの削減となり、横浜市立や川崎市立等の市立高校からの削減はありません。
地域ごとの卒業生徒数の増減を加味した上で学校別に1学級(約40名)の増減があります。

地域の生徒数や学校建物の改修工事などを踏まえ募集定員が増となる学校もあります。
普通科では7校が1クラス増、15校が1クラス減、総合学科が1クラス増となります。
このほか新設学科が2校で65名の定員増となります。

 


詳細は、こちらの記事をご参照ください。





<<前のページへ1234567891011

このページのトップへ