HOME > 塾長ブログ.....思いつくまま そのままに。

塾長ブログ.....思いつくまま そのままに。

身体の不思議 「その2」

前回「その1」で心臓や血管のお話しを書きましたが、今回は私たちの体でおこっている出来事、その不思議について数字を交えて紹介します。


風邪をひかなくても鼻水は毎日 牛乳パック1本分も出ている

寒いときや風邪をひいたときなどに、鼻水がたくさん出て鼻をかむ事があります。
じつは、鼻水はそのな時だけでなく いつも出ています。

鼻の中は粘膜におおわれて湿っています。冷たい空気や乾燥した空気を吸い込
鼻水②.jpgむと、粘膜に集まっている血管が広がって入ってきた空気を温めます。
鼻水は吸い込んだ空気といっしょに入ってきた細菌などを体の外に出します。
また、鼻水はネバネバしていて湿り気があるため鼻の中の乾燥を防ぎます。

この分泌量も1日に1リットルと牛乳パック1本分にもにもなり、鼻をかんだりしなければ無意識のうちに飲み込んでいます。
風邪をひいた時にはこの何倍にもなる量が分泌されていると言うわけです。



起きているあいだ、涙はずっと出続けている

涙は外から強い刺激を受けた反射として、あるいは喜びや悲しみなど感情が激しく揺さぶられたとき流れます。
しかし、それ以外にも実は起きているあいだ涙は常に出ています。
なぜなら、目の表面に付いたほこりやゴミを洗い流す、乾燥を防ぐ、そして目の表面へ酸素や栄養を補うといった役割があるからです。


感情をともな目.jpgって涙があふれる時、その一粒は0.2ミリリットルほどの量です。
感情をともな
う涙とは違って毎日自然に分泌される涙の量は1回のまばたきで0.002ミリリットル程度です。

眠っている間は涙は出ないので1日16時間くらい起きているとして、1日およそ0.6ミリリットルと、計量スプーン小さじ8分の1ほどが毎日分泌されているのです。


涙は鼻の中に流れて鼻水になる

涙は目の表
涙②.jpg面を流れる間に1~2割ほど蒸発して、残りは鼻涙菅という細い管を通って鼻の中に流れていきます。
大泣きしたあとに鼻水が出るのはそのためです。
また涙が頬を滴り落ちるのは涙を鼻の中に流す処理が追い付かないほどいっぱい泣いたからです。

因みに嬉しいときや悲しいとき流す涙は水っぽく、悔しいときや怒ったときに出る涙は塩分が多めでしょっぱいそうです。



リンク ⇒ 身体の不思議「その1」




大学入試英語成績提供システムについて、全国高等学校長協会が文科省に申し入れ

大学⑤.jpg既報のように2021年(現高2の受験時)の大学入試より新制度による『大学入試共通テスト』が実施されることが決定しています。

なかでも英語科において4技能(聞く・読む・話す・書く)の能力を判定することを目的とした「大学入試成績提供システム」の導入について、全国高等学校長協会が高校側の不安解消を求める要望書を文部科学省に提出しました。

「大学入試成績提供システム」は、民間事業者により既に実施されている検定試験を活用するいうものです。

入試.bmp 問題のひとつは、高等学校が把握すべき各検定試験の実施日や場所情報が不明確であること。
 また、約3分の1の大学の活用状況が未定であること。
現時点では、受験生である高校生の不安を助長する内容となって
いる事を大きく取り上げています。



受験を希望する者は、高校3年生以降の4月~12月の間に受検した2回までの検定試験の結果が共通テストの成績として大学に提供されるとしているが、どの検定試験を採用するかについては、文科省は1社に絞り込むことは出来ず、結局以下の各検定試験が共通テストの「英語」の試験として、成績提供システムに参加することとなっています。

・ケンブリッジ英語検定
・TOEFL iBT
・IELTS (IELTS Australia)
・TOEIC (L&R .S&W)
・GTEC
・TEAP
・実用英語技能検定(英検)
・IELTS (British Ccounsil)

どれを受検するか、各テストの傾向を調べどれが自分に適しているのか(点数が取り易いか)も見極めなければならない。
そして結果が採用されるのは2回分であるとはいっても、複数回受検し受検慣れすることも出来るとすれば、高額な受験料のテストもある事から家庭の経済力のことも考えなければなりません。


考える.bmp






そして更なる問題点が.....各テストの評価方法が異なるため、同一の尺度で比較する「ものさし」が必要です。
文科省は、各検定試験の点数・レベルの対照表を作っているという事ですが、はたして正確な「ものさし」が作れるのでしょうか。

例えば、英検2級がTOEFLの何点に相当するのか、科学的根拠が必要となります。


このように既に1年半後に迫った新しい制度のもとに実施される「大学入試共通テスト」が正しく実施される為に解決すべき課題は山積です。
高等学校長協会のみならず受験生やそのご家族が心配するのも当然です。
文科省に対し、高等学校長協会は実施の延期を申し入れています。

文部科学省.jpg
ここはひとつ“萩生田 新文部科学大臣”に頑張って問題解決にあたって戴きたいと思います。

加計さんとゴルフやってるどころではないですょ !



関連ブログ
大学入試が変わる②







期末テスト週間 !

2019.9.4授業.jpg近隣の中学校は夏休みが明けて2週目ですが、今週は前期期末テスト週間です。
塾でも夏期講習の後半は、特にテスト範囲単元の復習を集中的に学習して来ました。

テスト週間に突入した今週は、各中学校のテスト日程に合わせて授業時間割を変更し翌日の試験科目の直前対策を行っています。
今日も各中学校の生徒たちが明日のために熱心に先生の指導を受けています。

『これ分かんない、先生教えて! 』と家庭学習で不明なところを自ら能動的に指導を受ける子もいれば、与えられた課題(予想問題)を熱心に演習し、先生の解説で納得の学習をしている子もいます。

通常の授業もそうですが、このように画一的な学習指導ではなく生徒一人ひとりの個性と性格に合った指導をするのも当個別指導教室の特徴でもあります。

前回の中間テストの点数を超えるのがひとつの目標です。
期末テストは残りあと二日間....頑張れー !!







「学力テスト」 ガンバッ!!

週明けから学校が始まる夏休み最後の土日......今日は学力テストの日です。
午前中に小学生~中1生、午後に中2生が受験します。
小学生と中1生が今まさにテストライブ中です。

そして、中3生は明日『神奈川全県模試 ※』を受験します。
二日間にわたり生徒全員が夏休み最後の締めくくりのテストに挑みます。

2019.8.24学力テスト.jpg

夏休み中に夏期講習でがんばった学習成果を今日のテストに集中、みんな頑張ってます punch
“学力テスト”は全国規模のテストですので全国順位も出ます。
また中3生が明日受ける “神奈川全県模試”は志望校判定が出ます、夏休み明け 秋からは来春の入試に向け本格的な実践的入試対策授業に入っていきます。



テストはただ受けて結果を見るだけでなく、次の授業時間に今回のテストの内容ヒント.jpgの解説を行います、解らなかったところ理解不足だったところをジックリと解るまで指導していきます。


今回の結果に一喜一憂するのではなく、理解不足の部分や解らなかったところを発見し次の結果に繋げる為のテストでもあります。


※当教室は 「神奈川全県模試」 指定準会場です。






学習指導要領の改訂 『小学校の必修科目』


◇プログラミング必修化

IT(情報技術)関連ビジネスの国際競争が激化するなか、出遅れる教育面の充実と不足するIT人材の裾野拡大を目的とするプログラミング教育が、小学校から必修化されます。

パソコン学習.bmp小学校のプログラミング教育は、情報活用の基本的な能力を身に付け、試行錯誤による論理的思考を育てるのが狙いです。

今回使われる教科書では、新学習指導要領が例示した
■小5算数 【正多角形の作図】
■小6理科  【明かりの制御】
の2つの課題を取り上げている。

学校図書の小6理科では「光らせる」「消す」「繰り返す」などのコマンドを使い、発光ダイオード(LED)を想定どおりの回数点滅させるプログラミングの課題を掲載しています。

プログラム.jpg初めて取り上げる小学校のプログラミング教育では、初歩的な導入部分に触れる程度に留め、まずは子どもの興味を引きつける授業が求められる。



◇「英語」の教科化

国際化社会に対応する能力を身につける為、小学校での英語教育が正式な教科として小学5、6年から実施されます。

小学英語①.jpg今回の学習指導要領の改訂では、従来の知識や技能の習得だけでなく「思考力・判断力・表現力」を重視、学び方として打ち出された「主体的・対話的で深い学び」(アクティブラーニング)が各教科で取り入れられています。

英語の教科化は新学習指導要領の目玉の一つで、早期に英語に慣れ親しむとともに、知識偏重型の従来の教育を見直し4技能「読む・聞く・書く・話す」を重要視。
グローバル社会でコミュニケーションが図れる“使える英語力”に重点をおいた教育を推進します。

小学英語②.jpg小学校の学習指導要領の改訂は、今年度(2019年度)の移行期間を経て2020年度から全面実施されます。


※ 関連参考記事

≪学習指導要領の改訂≫

≪学習指導要領の改訂にともなう高校の必修科目の変化≫











1234567891011

このページのトップへ