お知らせ
保護者・生徒の声""
教育情報
無料体験授業
sidebnr_tel.gif
定期テスト対策補講
WEB学習講座
headmaster_blog.gif
早稲田育英ゼミナール 読売ランド教室

住所
〒214-0037
神奈川県川崎市多摩区西生田3-9-22
モンタナビル2F

電話番号
044-953-8551
受付時間 16:00~22:00
【 月~金 (祝祭日も開校)】


小田急線読売ランド駅 南口徒歩1分!

早稲田育英ゼミナール 本部ホームページ

HOME > 塾長ブログ.....思いつくまま そのままに。

塾長ブログ.....思いつくまま そのままに。

そろそろ中間テストの時期ですが...

中学校では そろそろ中間テストの時期ですね。
そこで今日はテストの解き方について考えてみましょう。

試験.jpgのサムネイル画像
中間テストや期末テストに限らず、高校入試の問題などにも通じる事ですので参考にしてください。

テストや試験は制限時間があります、持ち時間を有効に使うことが一番のポイントです。

まず...『積極的に考えない』
ちょっと意味深なことばですが、“考えない”とはどういう事 ???
ここで言う“考えない”は“解かない”ではありません。

この言葉の重要なところは『解ける問題だけ、まずは解く』という事なんです。

問題には大きく分けて4つのパターンがあります。

①見た瞬間にサッと解ける問題
②時間を使えば解ける問題
③時間を使っても解けるかどうかなぁ…な問題
④見た瞬間に「あっ、無理かも !」っと思う、やっかいな問題
考える'.jpg最初に配られた問題をサッと見渡します。
全て習ったはずの問題ですが、解きやすい易しい問題から難しい問題までズラッと並んでいます。
ちゃんと理解している問題とそうでない問題、と言い換えることも出来ます。

問題を見たときの感覚として、④のタイプの問題は皆さん飛ばして①と②、そして③に取り組んでいくと思います。

その解き方自体は間違っていませんか…落とし穴があります。
それが③の問題です、③の問題は時間をかけて取り組んだものの解けない可能性のある問題なのです。

重要なのは、問題に取り組んだ結果 点数に結び付くかどうかという事です。


つまり、皆さんに心がけてほしいのは『①と②の問題を確実に解く』(フルに得点する)と言う事です。

まず問題の全体を見通します、ここで最初に述べた『積極的に考えない』なのです、①はすぐに分かります。
①の問題を解き切った後に②と③を見分けましょう。

解いていく目安の時間を教えます。
全体の問題のボリュームによって違いはありますが、中間・期末テストで40~45分、公立高校(神奈川県)の入試問題は50分です。

これを目安にすると
①の問題は、20秒くらいで解く問題
②の問題は、3~5分くらいで解く問題
③の問題は、5~10分くらいかかってしまう問題
④の問題は、10~20分くらいかかってしまう問題


目覚まし時計.jpgこれはとても大事です。

数学でいうと“問い1”と“問い2”はほぼ計算問題です、“問い1”は基礎的な単純計算問題で“問い2”はたいてい方程式や関数を含んだ計算問題です。
これは①ですね、落ち着いて確実に計算し一気に片付けましょう。

問い3・問い4あたりで図形の求積や関数の応用文章題になると思います。

ここで重要なこと。
各問題の配点を考えると、簡単な問題の5倍・10倍の時間を費やした問題が必ずしも5倍・10倍の配点ではないと言う事です。

配点の比重が大きく変わらないとしたら、確実に点数に結び付けるには難しく考えず「やれるっ !」と思った問題から手をつけ、確実に一気に片付ける、時間の余裕を持つことが大事です。
そして簡単な問題だと思って侮らず、正確に早く解くことがポイントです。

公立高校の入試を例にとると、受験校のレベルや倍率にもよりますが、計算問題全問正解で合格点に達することもあり得ます。
逆に合格ライン上では、5点差の中に10数名がひしめく可能性もあります。

正答率の高い問題はサービス問題です、ここでもし間違えて1点に泣き不合格になったら何と勿体ないことか…。
だからこそ、皆さんには常日頃から簡単な問題を甘くみず、ケアレスミスという言葉に“今まで以上に”敏感になってほしいのです。
先生○.jpgまとめると…
○難しく考えず、解ける問題から解く
○易しい問題を侮らずケアレスミスに気をつけ確実に解く

そんなこと分かってるょ と思ってる君.....改めて意識して次のテストに臨んでもらえればと思います。






うろこ雲 と ひこうき雲 と 天気予報 ??

空を見上げると「うろこ雲」

うろこ雲と言うと何となく「秋」を連想してしまいます。
実際に秋の季語にもなっていますが、実はうろこ雲(巻積雲)は1年中見ることができるんです。

5月のうろこ雲.jpg
うろこ雲が現れると明日は雨…と昔からよく言われています。
うろこ雲は上空の冷たい空気と地表近くの暖かい空気の温度差によって出現します、上空に冷たい空気が入って来ている証拠で、高気圧が去って低気圧や前線がやってくる前触れなのです。
だから明日は…「雨」


そして、しばらく空を眺めていると、今度は「ひこうき雲」
飛行機のあとを追いかける筋状の雲が「ひこうき雲」ですが、“寒冷多湿の大気中を飛ぶ飛行機の航跡にできる雲”と辞書に書いてあります。

ひこうき雲.jpg冷たく湿度の高い空気の中をジェット機が飛ぶと出来やすい(よく見える)そうです。
エンジンの排気ガスが核となり、まわりの水蒸気が凝結して白く筋状に細長く飛行機を追いかけます。
暫くすると幅広くぼやけていって空に溶け込んで見えなくなってしまいます。

そう、「寒冷多湿の大気中」に出来る(出来やすい)「ひこうき雲」...やっぱり明日は「雨」ですね!!

空を見上げて天気のウンチクをblogする暇人???  いやいやほんの一時です(笑!)





30年度(2018年度)神奈川県公立高校入試 学力検査結果



思考表現力.jpgのサムネイル画像
神奈川県公立高校入試(全日制)の結果が公表されました。
昨年度から導入された「マークシート」の解答形式による2年目の入試となりました。

 
全日制共通選抜合格者の教科別平均点を昨年と比較すると


英語 :   56.1点 ↑ ( 51.9点 )             (    )内昨年
数学 :   56.0点 ↓ ( 63.5点 )
国語 :   65.6点 ↓ ( 73.1点 )
理科 :   45.3点 ↓ ( 46.9点 )
社会 :   41.8点 ↓ ( 54.5点 )



記述式の問題も従来通り残され「思考力・判断力・表現力」が問われる内容に変わりはありません。
今年度はマークシートによる解答問題も含め全体的に若干難化した傾向が見られます。


正確に問題を読み解き、そこから
知識力をベースに結論を導き出し、それをどう表現するかを問う問題が多くを占めました。

神奈川県の公立高校入試で良い結果を出す為には、普段からの学習でたくさんの演習を繰り返すことにより、知識量だけではなく考える力を身に付けていく事、思考力・表現力を早い段階から習慣として身に付けていく事が大切です。

  学校.jpg









教科別の内容等の詳しい情報はこちらの“教育情報”のページをご覧下さい。





春と桜と別れと出会い

2018桜④.jpg

 

寂しくもあり、また期待も膨らむ春の訪れです。

 

目標を達成した生徒達は卒業でひとつの節目を迎え、同級生たちとの別れの思いとそしてこれから始まる新らたな学校生活への大きな期待とを同時に抱いてそれぞれの学校を、そして塾を卒業して行きました。

中学3年間、或いは小学生の頃からずっと一緒に勉強して来てくれた子供達の顔が見られなくなるのは寂しいものです。

塾に通っている間みんな良く頑張りました、そしてそれぞれが皆成長し逞しくなりました。
頑張ってきたその経験と身に付けた力を、新たな場所で充分に発揮してくれる事を願っています。

2018桜③.jpgのサムネイル画像

そして、塾では今週から新年度の授業が始まっています。
新学年に進級した在籍生に加え、新しい顔ぶれの生徒たちが新たな気持ちで通ってきます。

 

学業だけでなく、縁のあるこの子たちの自立へのお手伝いを、新年度もこれまで以上のバックアップ・サポートを改めて誓う今日の塾長でした。


2018桜①.jpg
今年の桜も今週で見納めかも…
また来年も期待通りにきれいに咲いてくれる事を願ってます。

桜②.jpgのサムネイル画像



 



神奈川県公立高校入試状況(30年度入試)

2月27日 神奈川県公立高校入試の合格発表がありました。
今年の入試は、どのような状況だったでしょうか。
 
公立中3生の卒業人数は2005年以降 全体的に減少の傾向にあります。
県内公立中学卒業予定者数は69,112名(昨年10月の進路希望調査時点)で、昨年より853名減少しています。
昨年度が404名の減と毎年の減少です。


一方公立高校の募集定員は42,980名(昨年比 550名減)で、前述の卒業予定者数の減少数を下回り若干ではありますが、広き門になりました。
 
入試制度改革から6年目、神奈川県公立高校再編計画2年目の入試はどんな変化があったのか…..。
 
数字データを含めた詳細は、「教育情報」のページをご参照ください。


卒業式.jpg



1234567891011

このページのトップへ