HOME > 教育情報 > アーカイブ > 2016年7月アーカイブ

教育情報 2016年7月アーカイブ

29年度(2017年度)神奈川県公立高校入試変更点(その2)

(その1)では県教委が定める来春(2017年度)の変更点を記しましたが(その2)では各高校が独自に定める入試内容の変更をまとめます。

■     “ 内申 : 学力検査 : 面接 ” の配分比率変更 や 重点化 及び 面接の観点 の変更内容

(内)=内申  /  (学)=学力検査  /  (面)=面接 (※特に記入のないものは1次選考)
 
≪鶴見≫ (内):(学):(面)比率 【 2 : 6 : 2 → 4 : 2 : 2 】に変更
≪鶴見総合≫ 内申重点化を新たに実施 点の高い1教科×2
≪白山・普通≫ 面接の観点の「態度」を廃止→「学校生活におけるルールとマナーを守ろうとする姿勢」を新設
≪白山・美術≫ 面接の観点の「態度」を廃止→「美術への興味・関心と将来の希望」を新設
≪荏田・普通≫ 面接の観点の「教科・科目等に対する学習意欲」「教科・科目以外の活動に対する学習意欲」「学校・学科等の特色理解」を廃止→「教育活動を理解し、体育活動をはじめとする教育外活動に積極的に取り組み、教科学習と両立させようとする強い意欲」新設
2次選考(学):(面)比率 【 4 : 6 → 8 : 2 】に変更
≪鶴見総合≫ 面接の観点の「自己の理解と将来の希望」を廃止→「学校・学科の特色理解」「将来の展望」を新設

2次選考(学):(面)比率 【 7 : 3 → 6 : 4 】に変更
≪上矢部・美術≫ 実技比率 【 4 → 3 】に変更
≪横浜緑園総合≫ 面接の観点の「学校・学科等の特色理解」「態度」を廃止→「教科・科目等に対する学習意欲」「科目・学科以外の活動に対する意欲」「将来の展望」新設
≪市立南≫ 自己表現新規実施 1次・2次選考ともに比重
≪横浜国際(現横浜国際情報) 面接の観点の「教科・科目等に対する学習意欲」「科目・学科以外の活動に対する意欲」「将来の展望」を廃止
≪横浜青陵総合(普通科転換) 面接の観点で「将来の展望」新設
≪金沢総合≫ 学力検査重点化廃止
(内):(学):(面)比率 【 4 : 3 : 3 → 4 : 4 : 2 】に変更
面接の観点の「高校生活に主体的に取り組む意欲」「態度」を廃止→「教科・科目等に対する学習意欲」「教科・科目以外の活動に対する意欲」「将来の展望」新設
2次選考 (学):(面)比率 【 7 : 3 → 6 : 4 】に変更
学力検査重点化廃止
≪川崎北≫面接の観点の「科目・学科以外の活動に対する意欲」廃止→「部活動、生徒会活動等に対して取り組む強い意欲と高い志」新設
≪大師(普通科転換) 面接の観点の「学校・学科等の特色理解」を廃止
≪市立川崎・普通≫ 学力検査重点化廃止
(内):(学):(面)比率 【 4 : 4 : 2 → 3 : 5 : 2 】に変更
≪県立川崎≫ 学力検査重点化新規実施 英・数・国 各×1.5
≪麻生総合≫ (内):(学):(面)比率 【 5 : 3 : 2 → 4 : 4 : 2 】に変更
面接の観点で「将来の展望」新設
2次選考 学力検査重点化廃止
≪藤沢西≫ 内申重点化廃止
2次選考 (学):(面)比率 【 8 : 2 → 7 : 3 】に変更  学力検査重点化廃止
≪藤沢総合≫ 内申重点化新規実施 点数の高い1教科×2
面接の観点「教科・科目等に対する学習意欲」新設
≪藤沢清流≫ 内申重点化変更 英・数・国 各×1.5 英・数・国のうち点数の高い2教科×1.5 +音・美・保体・技家のうち点数の高い1教科×2
≪茅ヶ崎西浜≫ 面接の観点「態度」を新設
≪秦野総合≫ (内):(学):(面)比率 【 5 : 2 : 3 → 4 : 4 : 2 】に変更
内申重点化新規実施 点数の高い1教科×2
≪小田原総ビジネス・総合ビジネス≫ (内):(学):(面)比率 【 5 : 3 : 2 → 4 : 4 : 2 】に変更
≪厚木北・普通≫ (内):(学):(面)比率 【 6 : 2 : 2 → 4 : 4 : 2 】に変更
2次選考(学):(面)比率 【 8 : 2 → 7 : 3 】に変更
≪厚木北・スポーツ科学≫ 面接の観点で「スポーツに関する意欲や興味・関心」新設
2次選考(学):(面):(特色検査)比率 【 5 : 5 : 5 → 8 : 2 : 2 】に変更
≪有馬≫ 内申重点化新規実施 英×1.2
2次選考学力検査新規実施 英×2
≪座間≫ 面接の観点の「教科・科目等に対する学習意欲」「科目・学科以外の活動に対する意欲」廃止
≪座間総合≫ 内申重点化変更 英×2 + 国・数 各×1.5 点数の高い1教科×2
2次選考 (学):(面)比率 【 7 : 3 → 8 : 2 】に変更
≪厚木総合≫
2次選考 (学):(面)比率 【 5 : 5 → 7 : 3 】に変更
≪弥栄・音楽≫ 実技比率変更 3 4 に変更
≪弥栄・スポーツ科学≫ 学力検査 3科 5科 に変更
≪相模原総合≫ (内):(学):(面)比率 【5 : 3 : 2 → 4 : 4 : 2 】に変更
内申重点化新規実施 点数の高い1教科×2
面接の観点「将来の展望」新設
2次選考 (学):(面)比率 【 7 : 3 → 5 : 5 】に変更
≪津久井・福祉≫ 面接の観点「学校・学科等の特色理解」新設
 
 
 



29年度(2017年度)神奈川県公立高校入試変更点(その1)

神奈川県は平成29年度から大規模な再編成を、今後10年間にわたる長期計画として実施すると発表していますが、現中3生が受験する来春の入試に絞って変更点を取り上げます。

神奈川県公立高校再編計画はこちらをご覧ください。

■従来の“コース”を“専門学科”に改変し専門性を高める
○厚木北 / スポーツ科学コース→スポーツ科学科
○弥栄 / スポーツ科学コース→スポーツ科学科
     芸術(音楽コース)→音楽科 ・ 芸術(美術コース)→美術科
○白山 / 美術コース→美術科
○上矢部 / 美術陶芸→美術科

■コース制を廃止(普通科のみの募集とする)
廃止するコース
○有馬 / 英語
○生田 / 自然科学
○磯子 / グローバルコミュニケーション
○西湘 / 理数
○弥栄 / 外国語 ・ 理数

○綾瀬西 / 福祉教養
○荏田 / 体育
○山北 / スポーツリーダー
○横浜南陵 / 健康福祉

■総合学科を普通科や専門学科に転換
○大師
○横浜青陵総合
○横浜緑園総合
上記3校は単位制普通科に転換

○吉田島総合→農業科に転換し小学科として ・都市農業科  ・食品加工科 ・環境緑地科 を設置

■通常の普通科を新設する学校
○弥栄
○小田原総合ビジネス
○川崎市立商業
   ※川崎市立商業は「川崎市立幸高校」に校名を変更

■通常の普通科のクリエイティブスクール化
○大井
○大和東

■専門学科の特色化
○横浜国際 / 国際情報科を国際科と変更
 (1019年度から国際バカロレア導入予定)

  



1

« 2016年6月 | メインページ | アーカイブ | 2016年11月 »

このページのトップへ