HOME > 教育情報 > アーカイブ > 2020年11月アーカイブ

教育情報 2020年11月アーカイブ

令和3年度神奈川県公立高校 募集定員発表

神奈川県公立高校の来春(令和3年度)の入試募集定員が県教委から発表されました。
 
全日制の当初募集定員は40,279名で昨年より1,550名少ない募集となります。
(県内の公立中学校卒業予定者数は、前年より2,007名減の65,108名と見込まれます)
 
毎年各高校別の募集定員は見直されますが、来春の中学卒業生数と地域別の流入流出人口を
加味して決定されます。
全体では減であるものの学校(地域)により定員増の学校もあります。

全日制定員比較
平成2年度  卒業者数           67,115人      募集定員41,829人 
令和3年度   卒業者数(予測)  65,108 人        募集定員40,279人 前年比較-1,550人


○当教室の近隣(旧川崎北・川崎南学区)の主な高校の募集定員の推移と昨年比較
<全日制 (普通科・専門学科・総合学科)>
 
  募集定員  (名)
30年度
(2018年度)
31年度
(2019年度)
 R2年度 
(2020年度)
 R3年度 
(2021年度)
昨対増減
           
多摩 278 278 278 278  0
生田 358 398 358 358 0
麻生 318 318 318 318 0
百合ヶ丘 398 358 358 357  -1
市立高津 278 278 278 278 0
生田東 318 318 318 318 0
川崎北 358 318 278 278 0
358 358 358 358 0
麻生総合 230 230 230 198  -32
           
新城 268 268 268 268 0
市立橘 198 198 198 198  0
住吉 358 358 358 358  0
県立川崎 225 225 223 223 0
市立川崎 38/160 38/160 38/160 0/120 -38 ※
※ 市立川崎は、全日制普通の高校募集を停止し併設型中学校からの入学者(入学試験を行わない)
 120名が内部進学し完全中高一貫校に移行します。
数名の増減は転編入定員の差です。

これが倍率にどのように影響するかが受験生の一番の関心事だと思います。
神奈川県全体の実質倍率の推移を年度別に下表にまとめておきました。

形態 年度 募集定員 実質倍率
前期選抜
+
後期選抜

< 合計 >
2008 39,440 名 1.17
2009 39,890 名 1.21
2010 41,642 名 1.22
2011 40,369 名 1.22
2012 41,410 名 1.21
< 共通選抜 > 2013 42,560 名 1.18
2014 43,959 名 1.18
2015 43,504 名  1.19
2016 43,959 名 1.21
2017 43,848 名 1.20
2018 43,293 名 1.20
2019 43,077名 1.19
2020 41,829名 1.18
2021 40,279名 sign02

1

« 2020年6月 | メインページ | アーカイブ | 2021年4月 »

このページのトップへ