HOME > 教育情報 > 30年度(2018年度)神奈川県公立高校入試の変更点

教育情報

< 2018年度(平成30年度)神奈川県公立高校入試日程  |  一覧へ戻る  |  30年度神奈川県公立高校 募集定員発表 >

30年度(2018年度)神奈川県公立高校入試の変更点

昨年 神奈川県公立高校再編計画が発表されました。再編初年度に引き続き30年度も公立高校の再編が実施されます。
入試制度については、25年度に大きな改革がありましたので来春(30年度)の入試は、制度自体に大きな変更はないものの複数の高校で内学比率の変更や重点化等において修正が図られています。 全日制公立高校の変更部分を下記にまとめました。

再編計画全体の内容は、こちらをご覧ください。

■公立高校再編関連
≪相模原青陵≫
 ・弥栄に統合して募集停止
≪横須賀明光≫
 ・国際科の募集を停止
≪磯子≫
 ・氷取沢に統合して募集停止
≪平塚農業初声分校 (昼間定時制)≫
 ・2018年度から三浦臨海に統合、三浦臨海に全日制都市農業科を新設

■各高校の入試内容の変更
≪荏田≫
 ・面接の観点 教育活動の理解・体育的活動の取り組み → 「部活動の取り組み」 に変更
≪横浜桜陽≫
 ・面接のその他の観点「特色理解、個性・才能の伸長」 廃止
≪柏陽≫
 ・第一次選考 学力検査の「英数国のうち高得点2教科を2倍する」重点化廃止
≪氷取沢≫
 ・第一次選考 調査書の「英語を2倍」の重点化実施
≪生田≫
 ・面接の観点に「将来の展望」を追加
≪百合丘≫
 ・第一次選考 内申:学力検査:面接=3:5:2 → 4:4:2
 ・第二次選考 学力検査:面接=8:2 → 7:3
≪市立川崎≫
 ・第一次選考 調査書の「英語を1.5倍」の重点化実施
≪市立橘 / 普通≫
 ・面接の観点に「学習・生徒会・部活への取り組み意欲」を追加
≪市立橘 / 国際≫
 ・面接の観点に「国際理解・外国語活動を中心に学習・生徒会・部活への取り組み意欲」を追加
≪市立橘 / スポーツ≫
 ・面接の観点の中学での部活の意欲 → 「競技力向上を中心に学習・生徒会・部活への取り組む意欲」 に変更
≪大師≫
 ・第一次選考 内申:学力検査:面接=4:4:2 → 5:3:2、調査書の「国数英を2倍」の重点化実施
 ・第二次選考 学力検査:面接=7:3 → 8:2、面接の観点に「学校生活のルールマナー順守」を追加
≪鶴嶺≫
 ・面接の観点の教科学習と部活の両立への取り組み → 「教科学習と部活・行事等との両立への取り組み」 変更
≪平塚江南≫
 ・第一次選考 内申:学力検査:面接:自己表現=3:5:2:2 → 3:5:2:1
≪小田原≫
 ・自己表現廃止
 ・第一次選考 内申:学力検査:面接:自己表現=3:5:2:2 → 内申:学力検査:面接=4:4:2
 ・第二次選考 学力検査:面接:自己表現=8:2:2 → 学力検査:面接=8:2
≪小田原東 / 各科≫
 ・第二次選考 学力検査:面接=6:4 → 8:2
≪足柄≫
 ・第二次選考 学力検査:面接=7:3 → 8:2
≪山北≫
 ・第二次選考 学力検査:面接=8:2 → 7:3
≪相模田名≫
 ・面接の観点で「教科・科目等に対する学習意欲と教科外活動への意欲を独立観点」に変更、「将来への展望」も独立観点に変更
≪磯子工業 / 各科≫
 ・内申:学力検査:面接=6:2:2 → 5:3:2
≪藤沢工科≫
 ・第一・二次選考とも学力検査の「数学を2倍する」重点化廃止
 ・第二次選考 学力検査:面接=8:2 → 6:4
 ・面接の観点で「学校学科の特色理解と将来の展望」を関連観点に変更
≪市立川崎総合科学 / デザイン≫
 ・第一次選考 内申:学力検査:面接:実技=5:3:2:2 → 5:3:2:3
 ・第二次選考 学力検査:面接:実技=7:3:2 → 7:3:3
≪海洋科学≫
 ・第一次選考 各科とも調査書の「国語と技術家庭を2倍」の重点化実施

新設の≪三浦臨海 / 都市農業科
 ・特色検査なし
 ・第一次選考 内申:学力検査:面接=4:4:2
 ・第二次選考 学力検査:面接=7:3
 ・面接の観点で重視する内容:教科・「科目等に対する学習意欲、教科外活動への意欲」、「学校学科の特色理解、将来の展望、面接の態度」


※神奈川県公立高校2018年度入試日程


< 2018年度(平成30年度)神奈川県公立高校入試日程  |  一覧へ戻る  |  30年度神奈川県公立高校 募集定員発表 >

このページのトップへ