HOME > 教育情報 > 神奈川県公立高校入試制度改革≪その2≫

教育情報

< 神奈川県公立高校24年度入試対策  |  一覧へ戻る  |  24年度神奈川県公立高校入試結果(後期選抜)  >

神奈川県公立高校入試制度改革≪その2≫

平成25年度(2013年)から実施予定の入試制度の変更について
※7月既報の改革案に続いての最新情報です。(2011年12月1日現在)

  • 入試制度改革は平成25年度入試(現中学2年生の高校受験年度)から実施

  • 選抜機会は1回(全日制) 前期選抜・後期選抜の区分をやめ統合する
    選抜日程:現行の後期選抜の時期とする予定

  • 志願者全員が「学力検査」と「面接」を受検する
    クリエイティブスクールを除く全校で実施
    スポーツ系・芸術系などの学校/学科では「特色検査(実技等)」を実施

  • 学力検査は現行の1教科50点満点から100点満点に変更
    100点満点にする事により従来以上にきめ細かな配点・採点を実施
    例)記述問題の部分点(記述系の問題が増えると予想される)

  • 予想される問題
    英語:課題作文
    数学:完全証明・説明
    国語:意見の論述

  • 調査書は『評定』だけを資料とする
    在学中の活動実績は、合否の基準とならない

  • 自己PR書が廃止され、替わって“面接カード”を事前提出

  • 独自問題は当初行わない予定
    初期の学力重点指定校10校はこれに代わる「特色検査」実施予定

  • 従来の“C値”は“S値”と呼称変更し存続
    S値 = 内申 : 学力検査 : 面接 を100点満点換算
    その比率は各校独自に設定
    例)「3:5:2」や「2:6:2」などの比率

  • 第一次選考
    「募集定員の8割をC値の上位から選抜」の基準は「募集定員の9割をS値の上位から選抜」に変更になると予測される

11月末の時点で判明している内容です。
神奈川県自体も、まだ決定に至っていない項目もありますので今後変更になる或いは追加される事項もあると思われます。
今後明らかになった内容は改めてお知らせして行きます。


新制度「S値」 について

< 神奈川県公立高校24年度入試対策  |  一覧へ戻る  |  24年度神奈川県公立高校入試結果(後期選抜)  >

このページのトップへ