HOME > 教育情報 > 学習指導要領の改訂

教育情報

< 31年度入試(2019年度)神奈川県公立高校入試各校の内容(変更点等)  |  一覧へ戻る  |  神奈川県公立高校再編計画 ② >

学習指導要領の改訂

10年ごとに見直され改定が行われる(新)学習指導要領の実施時期が近づいています。
全面改定実施は、小学校が2020年度、中学校が2021年度、高校が2022年度の予定です。


今回の改訂に関して、その基本的な考え方を文部科学省が発表しています。
-----------------------------------------------------------------------------
○ 教育基本法、学校教育法などを踏まえ、これまでの我が国の学校教育の実践や蓄積を活かし、 子供たちが未来社会を切り拓くための資質・能力を一層確実に育成。その際、子供たちに求められ る資質・能力とは何かを社会と共有し、連携する「社会に開かれた教育課程」を重視。

○ 知識及び技能の習得と思考力、判断力、表現力等の育成のバランスを重視する現行学習指導要領の枠組みや教育内容を維持した上で、知識の理解の質をさらに高め、確かな学力を育成。
○ 先行する特別教科化など道徳教育の充実や体験活動の重視、体育・健康に関する指導の充実 により、豊かな心や健やかな体を育成。

○ 高大接続改革という、高等学校教育を含む初等中等教育改革と、大学教育改革、そして両者を

つなぐ大学入学者選抜改革の一体的改革の中で実施される改訂。(高校)
------------------------------------------------------------------------------

今回の学習指導要領の改定スケジュールを下表に示します。

指導要領改定スケジュール.png    ※ 注意....平成の年次で表記しています
    ◆上表は新元号の決定前に作成したものです、西暦でご確認ください。


 



< 31年度入試(2019年度)神奈川県公立高校入試各校の内容(変更点等)  |  一覧へ戻る  |  神奈川県公立高校再編計画 ② >

このページのトップへ