HOME > 教育情報

教育情報

26年度版 「神奈川県公立高校偏差値ランク表」 (27年度入試用)

26年度公立高校合格者追跡調査結果による最新版偏差値ランク表です。
採用する模試により高校別のランクは異なります、ひとつの目安とお考え下さい。

2014偏差値ランク.jpg


























画像上でクリックすると拡大できます。

27年度版(28年度入試用)はこちら

26年度(2014年度) 高校入試 学力検査結果

【 神奈川県公立高校入試結果(平均点)の推移 】
--- 25年度から共通選抜・各教科100点満点 / 24年度以前は後期選抜・50点満点 ---
教科 国語 数学 英語 理科 社会
26年度 60.8 51.7 59.6 38.6 49.5
25年度 67.8 65.5 54.8 51.1 68.4
24年度 35.5 33.5 34.4 32.1 31.3
23年度 34.5 32.7 38.3 32.7 35.8
22年度 37.0 31.2 38.8 34.2 36.8
21年度 39.2 32.2 36.7 30.9 33.5
20年度 34.8 31.1 33.5 35.4 32.3
19年度 38.9 33.4 33.1 31.6 35.5
神奈川県教育委員会から今春の高校入試 学力検査の合格者平均点が発表されました。
制度改革2年目の入試となった今春の入試(学力検査)の結果ですが、上位校の独自問題がなくなり共通問題となった結果 全体的な難易度のレベルをどのあたりに置くかまだ試行錯誤の2年目と言う結果だったように思われます。
(25年度より各教科50点満点から 100点満点へと変更されています。)

平均点の昨年との対比では、英語の点数が上がった以外は軒並み各教科とも下がっています。
国語のマイナス7点は少ない方で、数学マイナス13.8点、社会マイナス12.5点、理科にいたっては18.9点のマイナスと言う大きな下降となっています。
英語は過去3年間下降傾向にあったため難易度の調整が入ったものと思われます。

昨年の入試改革で記述問題が増え各教科50点から100点満点に変わり、問題傾向が変わる事から初年度は受験生が困惑しないよう ある程度難易度の低い出題の内容だったように思われます。
反面 5教科(特色問題を除く)の学力検査では、旧学力向上指定校も含め全県共通問題となり上位校では初年度は選抜差別化が付け難い状況だったと思われます。

今年は2年目と言うことで当初の改革の趣旨に副った出題だったのでしょう。
しかし、受験生がついて来れなかった結果が前面に出てしまいました。
英語はともかくとして、理科に至っては前代未聞の平均点で県教委は出題内容の難易度の再検討を迫られそうです。

各教科について県教委から以下のようなコメントが出ています。
< 国語 >
文学的な文章や論理的な文章における部分の説明や理由を選択する問題の一部は正答率は高かったが、漢字の読み書きの問題の一部や、文章中の事柄の理由をまとめる、文章中の複数の情報を整理して表現するなど制限字数内で記述する問題の正答率は低かった。
< 数学 >
基本的な計算力を問う問題の正答率は高かったが、条件を正確に読み取り考察することが必要な平面図形、関数、確率、空間図形の問題、方程式を立式し道のりを求める問題、相似を証明する問題の正答率は低かった。
< 英語 >
「聞くこと」「読むこと」についての基本的な問題、空所を補充して正しい英文を作る基本的な問題の正答率は高かったが、資料から情報を整理して英文を作る問題、まとまりのある英語を聞いて要点を理解する問題の正答率は低かった。
< 社会 >
地理、歴史、公民ともに、基本的な知識を直接問う問題の正答率は高かったが、知識を活用したり、複数の資料から必要な情報を読み取って思考・判断した結果を制限字数内で記述したりする問題などの正答率は低かった。
< 理科 >
基本的な知識を直接問う問題の正答率は高かったが、知識や与えられた情報を活用する問題、得られた結果を分析して解釈する問題、導き出した考えを的確に表現する問題の正答率は低かった。


“ ワセイクランド教室 ”

神奈川県公立高校 27年度(2015年度)入試日程発表(全日制)

共通選抜
■募集期間:2015年1月28日(水)~1月30日(金)
■志願変更:2015年2月4日(水)~2月6日(金)
■学力検査:2015年2月16日(月)
■面接・特色検査:2015年2月16日(月)・17日(火) ※一部特色検査は18日(水)も実施する学校あり
■合格発表:2015年2月27日(金)


※共通選抜終了後、募集定員に満たない場合に限り二次募集を行う

二次募集
■募集期間:2015年3月3日(火)・4日(水)
■志願変更:2015年3月5日(木)・6日(金)
■学力検査:2015年3月10日(火) 面接実施の学校あり
■合格発表 :2015年3月16日(月)


※クリエイティブスクールは学力検査を実施せず、面接・自己表現活動が行われます。
※平成25年度入試より、前期選抜・後期選抜の区分を無くし「共通選抜」に一本化されてから3年目の入試となります。

神奈川県公立高校 入試制度の概要は、こちらを参照

25年度神奈川県高校入試結果(共通選抜)

【 神奈川県公立高校入試結果(平均点)の推移 】
--- 25年度は共通選抜・各教科100点満点 / 24年度以前は後期選抜・50点満点 ---
教科 国語 数学 英語 理科 社会
25年度 67.8 65.5 54.8 51.1 68.4
24年度 35.5 33.5 34.4 32.1 31.3
23年度 34.5 32.7 38.3 32.7 35.8
22年度 37.0 31.2 38.8 34.2 36.8
21年度 39.2 32.2 36.7 30.9 33.5
20年度 34.8 31.1 33.5 35.4 32.3
19年度 38.9 33.4 33.1 31.6 35.5
入試制度改革初年度の今春の入試は、前年までの各教科50点満点から 100点満点へと変更され全県共通問題となりました。
旧学力向上指定校も含め全県共通問題となり、また記述問題が増える事で難化するとの予想通り理科を除く4教科とも平均点が下がるという結果となりました。
教科別の平均点は、英語と社会が大きく下降、英語は昨年のかなりの下降から今年も引き続きの下降傾向、国語と数学も昨年の持ち直しから今年は若干の下降となっています。
理科は、昨年が大きく下げたため難易度の調整を行ったと見られます。

26年度(2014年度)神奈川県公立高校入試の変更点

25年度入試で大きな入試制度改革があった神奈川県ですが、26年度は高校別により現実に即した部分変更を複数の学校で実施する予定です。
ここでは、全日制公立高校の変更部分をピックアップしました。

【改変校・科の新設】
  • 市立戸塚 普通科音楽コース新設
    第1次選考 調:学:面:(特) 4:4:2:(3) 学力検査5科 特色検査は実技
  • 市立横浜商業 スポーツマネージメント科新設
    第1次選考 調:学:面:(特) 4:3:3:(3) 学力検査5科 特色検査は実技 調査書重点化は保健体育1.5倍

【既存校の第1次選考の変更点】
  • 神奈川総合
    個性化 英国数+理または社の4教科→5教科
  • 横浜緑ヶ丘
    自己表現新設 合否に占める比重2
  • 横浜市立南
    自己表現新設 合否に占める比重2
  • 市立川崎総合科学・科学
    調:学:面 3:4:3→4:4:2 自己表現廃止
  • 生田・普通科一般・自然科学とも
    調:学:面 2:6:2→3:5:2
  • 平塚江南
    調:学:面 4:4:2→3:5:2
  • 厚木東
    調:学:面 6:2:2→5:3:2
  • 厚木西
    調:学:面 5:3:2→4:4:2
  • 城山
    調:学:面 4:4:2→3:5:2
  • 平塚工科
    調:学:面 4:3:3→5:3:2
  • 市立川崎総合科学 科学以外
    調:学:面 4:4:2→3:5:2
  • 川崎工科
    調:学:面 5:3:2→4:4:2
  • 弥栄 理数・芸術美術専攻・同芸術音楽専攻
    調:学:面 5:3:2→4:4:2


  • 調=調査書(内申)
    学=学力検査
    面=面接
    特=特色検査

神奈川県公立高校 平成26年度(2014年度)入試日程発表(全日制)

共通選抜
■募集期間:2014年1月29日(水)~1月31日(金)
■志願変更:2014年2月5日(水)~2月7日(金)
■学力検査:2014年2月14日(金)
■面接・特色検査:2014年2月14日(金)・17日(月) 一部特色検査は18日(火)も実施する学校あり
■合格発表:2014年2月27日(木)


※共通選抜終了後、募集定員に満たない場合に限り二次募集を行う

二次募集
■募集期間:2014年3月3日(月)・4日(火)
■志願変更:2014年3月5日(水)・6日(木)
■学力検査:2014年3月10日(月) 面接実施の学校あり
■合格発表 :2014年3月14日(金)


※クリエイティブスクールは学力検査を実施せず、面接・自己表現活動が行われます。
※平成25年度入試より、前期選抜・後期選抜の区分を無くし「共通選抜」に一本化されてから2年目の入試となります。

平成25年度からの新入試制度についてはこちら

公立中高一貫校新設開校予定

平成26年度(2014年度)川崎市立として始めての公立中高一貫校が開校します。

川崎市立川崎高校附属中学校(仮称・市立川崎高校の併設中学校)
男女共学・募集定員 120名(予定)
平成26年4月 開校予定

神奈川県公立高校 新入試制度の概要と 「S値」について

神奈川県公立高校入学者選抜制度の概要と「S値」の算出方法

平成25年度入試(2013年春)から実施される新選抜方式


24年度までの前期選抜と後期選抜の区分を統合し共通選抜として実施されます。

  • 志願者全員が「学力検査」と「面接」を受検する。
  • 原則5教科(英・数・国・理・社)の学力検査を行います。
  • 作文・実技検査・自己表現活動の検査、及び特色検査を同時に実施する学校もあります。
  • 従来 独自問題を採択していた旧学力向上重点校18校を含め全県統一問題となる。

S値による選抜

従来の旧C値に面接点を加えた新S値により選抜する。
第1次選考は、募集定員の90%をS値の上位から選抜する。


第1次選考(S1値の算出方法)

  • A値(換算内申点):135点満点(選考基準に重点化のある学校は異なる)
     A = (2年時の9教科の評点合計) + (3年時の9教科の評定合計) × 2
  • B値(学力検査の得点):500点満点(選考基準に重点化のある学校は異なる)
     B = 入試5教科の合計点数
  • C値(面接の得点):100点満点
     C = 面接点
S1値:A・B・C異なるスケールの点数を同一に換算した数値
 S = (A÷1.35×f)+(B÷5.0×g)+(C÷1.0×h)
  
※ ( f ) と ( g ) と ( h ) について
各高校が独自に設定した内申点(f):学力検査得点(g):面接点(h)の比率を掛けS値は合計1,000点満点で表す。

※特色検査を実施する学校のS値算出式
特定検査Dを実施する学校は、比率(i)を付加し合算する。

 S = (A÷1.35×f)+(B÷5.0×g)+(C÷1.0×h)+(D÷1.0×i)

特色検査を実施する学校は、最大で1,500点満点となる。


第2次選考(S2値の算出方法)

 S = (B÷5.0×g)+(C÷1.0×h)[+(D÷1.0×i)]

※( g ) 、( h )は1次選考の数字とは異なる。
※特色検査を実施する学校は、[ ]部分を付加し合算。


面接について

面接は次の5項目の内のいくつかを学校が選択し、これを点数化し評価します。
(全ての項目を対象とする学校もあります)

  • 高校での教科・科目等に対する学習意欲
  • 高校での教科・科目等以外の活動に対する意欲
  • 学校・学科等の特色理解
  • 将来の展望
  • 面接の態度


特色検査について(実施する学校とその内容)

特色検査には、「実技検査」と「自己表現検査」の2種類があります。

□ 特色検査を実施する全日制高校
   ※平成29年度変更あり


特色検査の種類 実施する学校・学科・コース
自己表現 記述型 横浜翠嵐、希望が丘、柏陽、横浜緑ヶ丘、、横須賀、湘南平塚江南
厚木、小田原市立横浜サイエンスフロンティア
スピーチ型 光陵
討論型 神奈川総合(国際文化)
実技 白山(美術)、上矢部(美術陶芸)、横浜国際
市立横浜商業(スポーツマネジメント)、市立橘(スポーツ)
弥栄(音楽/美術/スポーツ科学)、市立戸塚(音楽)
市立川崎総合科学(デザイン)、弥栄(音楽/美術/スポーツ科学)
※太字は旧学力向上重点校(旧独自問題実施校)

クリエイティブスクールの共通選抜。

  • 学力検査は実施しない。
  • 調査書の評定(5段階評定)は選抜の資料としない。
  • 調査書の観点評価、記載事項および各学校が実施する検査を選抜資料とし、総合的選考を行う。


《 神奈川県公立高校入試制度のもっと詳しい説明は、こちらのブログをご覧下さい。



2020年度 最新版をこちらにアップしました




神奈川県公立高校 平成25年度(2013年度)入試日程発表(全日制)

共通選抜
■募集期間:2013年2月1日(金)~2月5日(火)
■志願変更:2013年2月7日(木)・8日(金)
■学力検査:2013年2月15日(金)
■面接・特色検査:2013年2月15日(金)・18日(月) 一部特色検査は19日(火)も実施する学校あり
■合格発表:2013年2月28日(木)


※共通選抜終了後 募集定員に満たない場合に限り二次募集を行う

二次募集
■募集期間:2013年3月4日(月)・3月5日(火)
■志願変更:2013年3月6日(水)・3月7日(木)
■学力検査:2013年3月11日(月) 面接実施の学校あり
■合格発表 :2013年3月15日(金)


※クリエイティブスクールは学力検査を実施せず、面接・自己表現活動が行われます。
※平成25年度入試より、前期選抜・後期選抜の区分を無くし「共通選抜」に一本化されます。

平成25年度からの新入試制度についてはこちら

24年度神奈川県公立高校入試結果(後期選抜)

神奈川県公立高校入試結果(平均点)の推移【全県共通問題】
教科 国語 数学 英語 理科 社会
24年度 35.5 33.5 34.4 32.1 31.3
23年度 34.5 32.7 38.3 32.7 35.8
22年度 37.0 31.2 38.8 34.2 36.8
21年度 39.2 32.2 36.7 30.9 33.5
20年度 34.8 31.1 33.5 35.4 32.3
19年度 38.9 33.4 33.1 31.6 35.5
18年度 38.1 30.7 36.9 35.3 33.9
今春の入試 学力検査結果(平均点)は、国語と数学が昨年よりアップしましたが、他の教科は全体的にダウン傾向です。
特に理科は難易度が高かったか4.5点のダウンでこの2年間でかなり解き難い問題となっています。
来春から入試制度が変わり各教科100点満点となり記述問題が増えると予測されるので、単純に今年の延長上では考えられませんが、従来の独自問題を採択してた“学力向上重点校”18校を含め全県統一問題となる為、問題の難化が予想されます。
 

【各教科の出題分野別の状況】
■国語
現代文の文章を読み取る力をみる問題においては高い正解率でした。
一方、漢字を読む問題の一部や、本文から適切な語句を抜き出し文章を完成させる問題で正解率が低かった。
そして、指定された語句を用い制限字数内でまとめる問題など全般的に記述式の難解問題で低い正解率でした。
来春は、従来の問題傾向にプラスし記述問題の増加が予想されるので、要注意。

■数学
基本的な計算問題、確率、因数分解などは高い正解率でした。
図形の問題の正解率が低かった。
特に数学的な見方考え方をみる問題(情報を正確によみ取り答えに結び付ける問題⇒グラフ上の線分の長さを求める)は正解率が低く、中点連結定理や三平方の定理を用いる空間図形の問題も低い正解率でした。
来春の入試は、完全証明など記述する問題が増える⇒仮に不完全な解答であったとしても部分点を獲るテクニックも必要となる。

■英語
今年も高い正解率を示したのは「読む」「聞く」に関する基本的な問題でした。
空所を補充して正しい英文をつくる穴埋め問題。
対話の流れを理解し単語を正しく並べる問題。
低い正答率のものがありました。
来春の問題には、長文和訳が出題されそうです。
ただ、単語を並べたような訳でなく理解できる日本語の文章とする事がポイントです。
よって国語力が必要となります。

■理科
基本的な知識を問う問題、実験・観察に関する基本的な問題は高い正解率でした。
しかし、基本的な知識を活用して実験結果や観測データをよんだ結果と結びつけ考察結果を解答する問題は低い正解率でした。
また、潮風が吹くしくみについて記述する問題も正解率の低い結果でした。

■社会
3分野(地理・歴史・公民)とも基本的な知識を問う問題は高い正解率でしたが、事象などを空間的な広がりで捉える問題、グラフを読み取り指定された語句で制限字数内で書く問題、統計地図を作成する問題、歴史的な出来事を解答する問題では全体的に正解率が低かった。

<<前のページへ1234567

アーカイブ

このページのトップへ